042-468-2900
10:00~13:00
14:30~21:00

木・日・祝日

医療法人社団敬世会 富士町歯科クリニック 小児歯科,歯科 東伏見駅,西東京市,富士町

診療案内

初診の方へ

Access


大きな地図で見る

診療時間

診療時間のお知らせ 午前は10時~13時まで、午後は14時半~21時までです。土曜日のみ午後は14時半~18時です。休診日は木曜、日曜、祝日になります。

△…14:30~18:00
休診日…木曜・日・祝日

MOBILE SITE 出先で住所を知りたいとき、お電話でのお問い合わせなど、ブックマークして頂くと便利です。

一般歯科

虫歯の治療

虫歯菌が歯を溶かしていく病気ですが、虫歯の進行を左右する原因は、お口の中の細菌の数、唾液、歯質、食生活、フッ素イオンなどがあり、その進行は非常に個人差があります。
虫歯になりにくい体質・生活習慣かは、なかなかご自身ではわかりにくいものです。
当院では、虫歯の治療以外にも患者様のお口のチェックなども行っていますので、お気軽にご相談下さい。

虫歯の進行

【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。
【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。
【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまう歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。
【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

予防歯科

健康な歯を維持していただくために当院では予防歯科を重視しています。予防歯科は健康生活の第一歩です。予防歯科とはこれまでの痛くなったら治療するという考え方とは異なり、「お口の健康を維持する」ということです。定期的なPMTC(プロが行う歯のクリーニング)などにより歯の健康を守りましょう。

虫歯や歯周病になってから治療を行うよりお口の健康を維持できている状態がベストだと考えています。予防歯科では虫歯や歯周病の検査やかみ合わせのチェック、清掃やブラッシング指導などを行います。「治療したはずの歯が虫歯になってしまう」方や「ブラッシングしているはずなのに虫歯になりやすい」という方、ぜひ予防歯科を検討してみてはいかがでしょうか。

歯のクリーニング(PMTC)

歯の表面についた汚れや着色なら、クリーニングするだけできれいになります。 このクリーニングをPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といい
ジェットポリッシャーという機械や回転ブラシなどを使って歯に水と研磨剤を吹きつけ、タバコのヤニなどの着色や汚れを落とす方法です。

ブラッシングではなかなか取れない歯と歯茎の境目や歯の裏などの歯垢や歯石も取れるので、終わったあとは歯がツルツルになり、虫歯や歯周病の予防にもなります。半年に一度ぐらいで行うと効果的です。

小児歯科

小児によくある歯科疾患に対する治療から、歯磨き指導などを行っています。
初めて診療を受けられるお子様、歯科医院が苦手なお子様です。そんなお子様に対し来院しやすい環境作りに気をつけています。歯科医院になじめないお子様にも、安心して治療が行えるような工夫を取り入れておりますので、ご安心してお子様をお連れ下さい。また、清潔で明るい院内で、お子様の歯の健康をお守り致します。

教えて!八坂先生

6歳の娘ですが虫歯が多く、先日健診で「不正咬合」の指摘も受けました。今後どのような治療を していけば良いでしょうか? (36歳・主婦
虫歯の治療・予防・矯正をトータルに考えて治療を進める必要があります。
毎日歯磨きは欠かさないのに、なぜ虫歯になるのでしょうか?
虫歯の原因はバイ菌ですが、バイ菌は丁寧に歯磨きをしても完全に除去することができません。古いバイ菌の上に新しいバイ菌が蓄積してしまうと、下の部分が閉鎖空間となってバイ菌が悪さをするようになり、歯に穴を開けてしまうのです。古いバイ菌がずっと付いているとその歯にダメージを与えてしまうので、新しいバイ菌が付着しないうちに、古いバイ菌を取り切ることが大事です。
具体的な虫歯の予防方法を教えて下さい。
バイ菌はご家庭での歯ブラシだけでは除去できないので、定期的に超音波やポリッシング(歯医者さんの歯ブラシ)など、プロのクリーニングを受ける必要があります。また、きちんと磨けていない部分を分かりやすくする為に、赤く染め出す方法があり、赤く残った部分は、自分できちんと磨けていない苦手な部分。そこから磨き始めると虫歯リスクも低くなります。その確認をするためにも一度は歯医者さんに行ってみて下さい。また元来歯の持っている歯質を、キシリトール100%ガムやフッ素で日ごろから強化していけば、さらに効果的です。お子さんは歯磨きに対する知識がないので、ご両親がしっかり管理してあげて下さい。まず親が知識を持って自分の歯をしっかり管理し、歯医者さんは歯をきれいにして気持ち良くなれるところだということを、ぜひ身をもって教えてあげて下さい。
痛い治療を怖がります。痛くない方法はありますか?
今はレーザーを併用して痛みを緩和し、出血もなく治療ができますし、麻酔も表面麻酔をかけてから行なうので、ほとんど痛みはありません。当院では2種類のレーザーを効果的に使い、侵襲の少ない心身にやさしい治療を行なっていますし、キーンという音がしないマイクロモーターを使い、悪い所のみできるだけ小さく削り、極力患者様の負担を少なくした治療を心がけています。さらにカリソルブという薬で虫歯を溶かす方法や、3Mix-MP法といって、虫歯菌の上に抗生物質3剤をミックスしたものをつめてバイ菌をやっつけ、神経を抜かずに治療する方法などの新しい治療法もあります。

子どもの歯を必ず歯医者でチェックしたいタイミング

  • 歯が生えてきた時。歯医者さんとの出会いの最初のポイント。
  • 臼歯部(奥の臼状の歯)が生えてきた時。
    この時期から虫歯菌が棲みつき始めるので、予防のためにもチェックが必要。
  • 6歳臼歯が生えてきた時。6歳臼歯は、早い時分に出てきて、ゆっくりと時間をかけて出てくるので充分な注意が必要。
  • 上記以外のタイミングでも、子どもの歯は未成熟でリスクが高いので、3ヶ月毎のチェックが理想。

上記が、歯医者さんでクリーニングを受けると良いタイミングです。
定期的なクリーニングは歯の健康管理につながりますので、お子さんの将来のためにも、このタイミングを忘れずに歯医者さんに行きましょう!

歯周病治療

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

【歯周病の原因】
歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物を噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
PAGE TOP